ホームへ戻る

エイズ(HIV)

はじめに

HIV感染症は、血液、体液(膣液、精液)等を介して感染します。
日本では現在、異性間、同性間の性的接触が主な感染経路となっています。
HIVウィルスが体内に入ると人間の免疫(病気に対抗する力)を徐々に破壊していき、数年~10数年経過すると免疫減少から易感染状態になります。この時期の感染をAIDS(免疫不全症候群)といいます。容易に感染を起こし、悪性腫瘍などの発症も起こします。最悪の場合は死に至ります。
日本でHIV感染者とAIDS患者の累計は1万人を超え、毎年1000人以上の新たに感染した人が見つかっていますが、ただしこれは、検査を受けて見つかった方であり、実際はこの何倍も新たに感染しているものと考えられています。(推定では新たに感染している人は3000人とも5000人ともいわれています。)
感染地は、大半が国内で感染しており、報告地では東京、関東近辺に集中しております。また若年層(10~20代)の報告数も増加しており、コンドームの出荷数減少からも無防備な性行動が広がり、その結果が医学的現象として現れ始めたということでしょう。
日本以外の先進国では抗ウィルス剤の進歩により、1995年以降AIDS患者の数が減少していますが、国内ではAIDS患者の数は依然多い状態です。
これは早期発見の遅れのためであり、検査体制の不備、性教育の不足などが指摘されています。このため献血でのHIV感染の発見率は増加の一途をたどっており、2004年度末で10万人の献血者あたり1.68人のHIV陽性者が発見されています。
日本の何十倍もHIVの流行がある海外ですら、この献血者10万人対HIV患者の率は1.0未満であることを考えるとどれだけ高いかわかるかと思います。
検査を受ける機会が十分整備されていないことが原因であり、早期発見し、早期治療すればAIDSの進行を止められるのですが、早く検査を受けない、又は受けにくいという社会状態もあるかと思います。差別や偏見を恐れて、検査への足が鈍り、結局AIDSが発病するまで気がつかない、あるいは放っておくというケースが後を絶たないのです。

現在の治療に関して

現在HIVを完全に消失させる薬は今のところなく、治療の基本は血液中のHIVの量を検出限界以下に抑えつづけることです。このため抗HIV剤による多剤併用療法(HAARTと呼ばれる)を行うことが基本となります。
治療などの開発も日々進歩しており、早期に発見できれば治療しながらHIVウィルスと共存する形で長く生きられることとなっております。

予防、他の性感染症との関連について

HIV感染症に対する治療は年々進歩していますが、いまだ根治的治療は可能とはなっていません。このことからもいかに早期発見し、いかに予防していくかが最大のポイントとなります。
以前から尖圭コンジローマ、梅毒、性器ヘルペス、クラミジア、淋菌といったものの羅患者はHIVに数倍~数十倍感染しやすいといわれております。
しかし、これら従来の性感染症の羅患はコンドームの不使用、適切な感染予防をとらないためであり、同じような無防備な性的接触でHIVに感染する可能性を示しています。oral sexからの適切なコンドームの使用、その他の性感染症の早期発見、早期治療が最も重要であることはいうまでもありません。

まとめ

検査機関、性教育、検査の啓発の不足、性の自由化の進む中、日本では依然HIVからAIDSへ進行した状態で見つかる方が後を絶ちません。HIVを含め、性感染症に羅患している可能性の高い方は、1人でも多く、1日でも早く検査・治療を受けるべきであり、早期に発見することにより行動変容に向けた教育とタイミングを見計らった良い治療を受けることが可能となります。

感染経路

基本は性的接触で感染が成立します。
その他、血液、母体を介して感染するか、日常生活では感染しません。
性的接触の中で最も感染しやすいのは肛門性交(0.1~3%)です。次に膣性交の女性側(0.3~0.9%)、膣性交の男性側(0.1~0.2%)の順位です。

リスク

肛門性交(受け側)≫膣性交(受け側)>肛門性交(挿入側)>膣性交(挿入側)>fellatio(受け側)>fellatio(挿入側)

急性レトロウィルス症候群

感染してから(性行為などがあってから)2~4週経過後ひどい風邪、インフルエンザの様な症状が出現することがあり、HIV感染者の約9割に出現していると推定されている。この症状は他の急性ウィルス症候群と区別つきません。
ほとんどの症状が1~ 2週間で自然消失してしまいます。

主な症状

  1. 発熱(96%)…39℃以上となることが多い
  2. リンパ節腫大(74%)…左右対称に発現
  3. 咽頭炎・発疹(70%)…とくに顔面、体幹、手、足などに発疹出現する
  4. 筋肉、関節痛(54%)…風邪の時の体の痛みと同様

その他
下痢(32%)、頭痛(32%)、嘔吐、悪心(27%)、肝腫(14%)、口腔カンジタ(12%)、神経症状(12%)

検査の流れ

  1. 性行為、感染機会
  2. 検査
  3. 問診
  4. HIV検査の説明
  5. 採血(数mlのみ) 検査方法(a)または(b)
  6. 結果報告

結果が陽性の場合

  1. 確認検査 検査方法(c)
  2. 再度陽性が確認された場合
  3. 十分な病気の説明やカウンセリング
  4. HIV拠点病院へ紹介

結果が陰性の場合

  1. 12週未満は12週以降に再度検査 
    検査方法(a)
  2. 12週以降、陰性感染なしを確認

検査の種類

a. 抗体検査(イムノクロマトグラフィー法)
感染機会から平均22日経過後で検査可能になります。期間が経過すれば正確性も増しますので8~12週間以上経ってから検査をするのをお勧めします。

b.Real Time PCR法(HIV-1型RNA:Taqmqan法)
感染機会から約14日から検査可能となります。期間が経過すれば正確性も増し約6週間でほぼ正確になります。早期に検査を受けたい方には感染機会から2~3週間以上経ってから検査をするのをお勧めします。尚、Real Time PCR検査だけでなく、3ヵ月後に必ず抗体検査を受ける様にして下さい。

c.確認検査
WB法、PCR法など。

d.抗原抗体検査
感染機会から約1ヵ月経過から検出可能です。2ヵ月経過で正確な検査結果になります。

HIV-1型 RNA検査(NAT:TaqmanPCR法)

  1. HIVの1型に対するRNA定量検査をします。
  2. 感染機会から日数が経過していない人向きの検査です。
  3. 感染機会から2週間経過で検査可能(CDCでは9~11日)
  4. 採血後、約1週間で結果報告
  5. 検査結果の報告・報告書用紙渡しは費用はかかりません。
  6. 診察・検査・報告全て込みで19,800円(税込)です。(初診料・再診料等はかかりません。)
  7. 1型のみの検査ですので3ヵ月後には必ず抗体検査(1・2型含む)を行って下さい。
  8. 当日即日抗体検査も同時に受けられる方は
    即日抗体検査+Real Time PCR検査で22,000円(税込)となります。通常HIV抗体検査のみの場合は8,800円(税込)です。

感染機会からの日数による検査方法の選択(目安)
■0~2週間未満
正確に分かる検査方法はありません。
■2~4週間
Real Time PCR検査(Ⅰ型のみ)
■4~8週間
Real Time PCR検査又はHIV抗原抗体検査(Ⅰ型の抗原、Ⅰ・II型の抗体)
■8~12週間
HIV即日抗体検査(結果まで15分。Ⅰ・II型の抗体)

I・II型に関して
基本的に国内で感染する人は今までのところⅠ型のHIVです。アフリカの一部の地域やその地域と交流の深い国、人などが感染してII型が検出されることもあります。
これまで日本国内でも数人の日本人がII型を検出されておりますが、アフリカでの輸血例やその地域の方との交渉があったとされております。

※Real Time PCR検査は血中の微量のウイルスを増幅し、感染早期でもウイルスを検出可能な優れた検査です。しかし、感染の有無を確定するのはあくまでも感染機会から3ヵ月以上経過して受ける抗体検査で確認するようお願いします。

非エイズ検査診断書発行について

山の手クリニックでは、海外渡航用ビザ(イラク、ロシア、アラブ首長国連邦)取得に必要な『英文非エイズ検査診断書』の即日発行を行っております。
料金はHIV検査代8,800円(税込)、診断書代(英文非エイズ検査診断書)5,500円(税込)になっております。HIV検査より結果報告及び診断書発行までのお時間は、おおよそ30~40分となっております。(混雑時は若干時間がかかる事があります事をご了承ください。)
予約は必要ございませんので、受付時間内にご来院下さい。

性病の治療・検査は
山の手クリニックにおまかせください。

診療に関するご質問・ご相談は
お問い合わせフォーム、またはお電話でどうぞ。

0120-156-119
<全院共通>
0120-156-119<全院共通>