山の手クリニック クリニックニュース

  • トップページへ戻る
  • 本日の診療時間
  • クリニックニュース
  • 性病について
  • エイズについて
  • クラミジアについて
  • ブライダルチェック
  • 検査について
  • 料金表
  • クリニック紹介
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
山の手クリニックのお約束
トップ > クリニックニュース

クリニックニュース

全451件中 391~395件を表示

最初<<  [ 75 ]  [ 76 ]  [ 77 ]  [ 78 ]  [ 79 ]  [ 80 ]  [ 81 ]  [ 82 ]  [ 83 ]  >>最後 

< 前の5件  次の5件 >

  • 尖圭コンジローマ治療について

    2012.09.08

    尖圭コンジローマ治療に際して、尖圭コンジローマを持つ患者さんの心理的負担を評価した報告がありました。もっとも心配なのは「他人への感染」と「自分の再発のリスク」で、36%前後に。次に「治療の痛み」が27%。「子宮頸がんへ発展のリスク」22%。恥ずかしい20%と続きます。コンジローマの治療は液体窒素や電気メスなどでも25%前後の再発率があり、難治性なものも存在します。また他人へ感染させてしまっても、コンジローマのように、見た目でわかる人のほうが少なく、実際は無症状のままHPVに感染していることが多いとされております。

  • ガーダシルワクチンでの予防について

    2012.08.18

    尖圭コンジローマなどの原因ウイルスとしてHPV6・11型などの低リスクウイルス(高リスクウイルスは子宮頚がん等の原因ウイルス)があります。このウイルスはこのコンジローマ以外にも気管支内に繰り返す乳頭腫を発生させる場合があります。年間3~4回再発し、その都度手術などにより治療していきます。主に母子感染です。母体のウイルス予防が重要となります。ガーダシルなどの子宮頸がんワクチンはこのHPV6・11型も予防することが可能となっております。

  • 八重洲院の診療時間変更について

    2012.08.11

    8月13日(月)~17(金)の八重洲院の診療時間が18:30~21:00になります。御迷惑をお掛けいたしますが、御理解・御協力お願いいたします。

  • ヘルペスウイルスについて

    2012.08.04

    繰り返す男性の膀胱炎や尿道炎にヘルペスウイルスによって引き起こされているものもあります。難治性の尿道炎や尿検査で無菌と言われた場合、ヘルペス治療をすることにより症状が消失することもあります。当院でも難治性の尿道炎(尿道の痛み、漿液性の膿)の方で尿道内にヘルペスによる水泡・潰瘍が存在していた方もおられました。1週間ほどの内服で症状は消失しました。

  • 8月休診日のお知らせ

    2012.07.28

    8月25日(土)は新宿院が休診となります。
    御迷惑をお掛けいたしますが、御理解・御協力お願いいたします。

最初<<  [ 75 ]  [ 76 ]  [ 77 ]  [ 78 ]  [ 79 ]  [ 80 ]  [ 81 ]  [ 82 ]  [ 83 ]  >>最後 

< 前の5件  次の5件 >

このページの先頭へ