山の手クリニック 性病について

トップ > 性病について > カンジタ

カンジタ(性器カンジタ症)

カンジタとは?

  • ・何らかの原因でカンジタという真菌(カビ)が女性の膣、外陰部に感染、症状を起こす感染症です。女性性器の感染症の中で、頻繁に見られる病気です。誰しも感染する可能性がありますし、性交渉経験が一度もない方でも発症することがあります。
  • ・実は、カンジタ自体は膣の中に元々いることが多く検査で見つかっても何ら異常ではありません。このカンジタが膣内で異常増殖し、症状を起こしたとき初めて病的と判断し、治療の必要性が出てきます。人によっては、何度も繰り返し再発することもあります。

どんな症状?

典型的な症状としては

  • (1) 膣・外陰部の痒み
  • (2) 白いヨーグルト状のおりもの増加(酒粕状・カッテージチーズ状・粥状など)
  • (3) 性交時痛
  • (4) 外陰部・膣の灼熱感・痛み・軽度の腫れ・発赤

などがあります。時に引っ掻いたりして、外陰部の傷・腫れ・炎症が認められます。勿論他の性器の感染症でも似た症状をきたすこともあります。糖尿病やステロイド剤の投与中の時は、膣よりも外陰部・股の所に炎症が強くなる傾向にあり、湿疹様になることが多くなります。

何が原因でカンジタになるの?

  • (1) 疲れ・風邪・ストレスなど免疫が落ちた時
  • (2) 抗生物質などの使用後(元々の膣内細菌も殺してしまうための菌交代現象)
  • (3) 妊娠など(膣内酸性度の低下)
  • (4) 頻回な性行為・ほかの性感染症感染
  • (5) ピル使用中
  • (6) 性感染症として感染

などがあります。その他、副腎皮質ステロイド使用中や糖尿病、肥満、免疫抑制剤使用中などが誘因として挙げられます。明らかな誘因が無い時でも症状を起こす人もいらっしゃいます。また、カンジタ膣炎を起こす人の5~10%は性行為により相手から感染したものとされています。

治療は?

  • ・膣内の治療は膣錠を一日一回挿入。7日間。
  • ・同時に軟膏により外陰部の治療を行います。
  • ・症状が消失すれば基本的には治療終了です。
  • ・検査でカンジタが消失したことを確認する必要はありません。

軟膏と膣錠を併用することが多いです。1週間治療後も改善しない時は薬を追加したり、変更することもあります。
症状消失後の検査不要の理由としては、膣内からカンジタは元々検出されることが多く、症状が出現した時のみ病的と判断するためです。カンジタ検査の陽性はカンジタ膣炎を意味するものではありません。

再発を繰り返す時は?

(1)原因・誘因となっているものを除去するようにします。

  • ・抗生剤・ステロイド・ピル・ホルモン剤の投与などの中止。
  • ・糖尿病・他の性感染症の検査
  • ・不適切な下着の使用、膣洗浄剤の使用を避ける。

(2)誘因が特に無いとき

  • ・膣錠の成分を変更してみる。
  • ・パートナーの治療・検査をしてみる。
  • ・内服剤を使用してみる。

膣内のカンジタが、膣錠や軟膏により一時消失しても、自分の腸管内に存在するカンジタが、外陰部を介して膣内に侵入してしまい、感染・再発を繰り返していることがあるとされています。これに対し、内服により加療してみるのも一つの方法と考えられています。

パートナーの男性にどう伝えたらいい?

  • ・カンジタ膣炎は基本的90%は自然発生的に起こるもの。
  • ・女性の膣内の変化により発生し、性行為が原因となることは5~10%のみ。
  • ・しかし、パートナーに感染させてしまう可能性がある。
  • ・男性は亀頭や包皮に発赤・痒み・びらん・白苔を生ずることがある。
  • ・基本的には、男性にこれらの症状が無い場合は検査・治療の必要は無い。
  • ・女性がカンジタ膣炎を繰り返す時などは、症状が無い男性にも検査を薦める。
  • ・男性も軟膏などで1~2週間で治癒する。

治療や検査・診察の費用は?

初診・再診などは関係なく一律計3,000円(税抜)です。

このページの先頭へ